BLASTRACK technology
Contact Control / コンタクトコントロール cc
ontact Control( CC コンタクト・コントロール)システムはA-B間に逆Rを付けスキーのフレックスバランスを出す事により、荷重、角付けの量に応じて接雪点がA-B間を移動する事によって最適なエッジグリップが得られ、スムーズでシャープなターン・面を使う動きも自在に楽しめます。また非圧雪では長くコンタクトレングスを使えるため安定性・浮力の面においても効果を発揮します。
cc_photo
Dual Contact Control / デュアルコンタクトコントロール dc
Dual Contact Control (  DCC デュアル・コンタクト・コントロール)はContact Controlをテール側にも採用したシステムです。A-B間に逆Rを付けスキーのフレックスバランスを出す事により、荷重、角付けの量に応じて接雪点がA-B間を移動します。エッジを使ったシャープなターンからフラットな操作まで、どちらの操作もしやすく、切り替えもスムーズに行えます。
デュアルコンタクト
LONG-NOSE / ロングノーズ ln
LONG-NOSE( LN ロングノーズ)は複数の円弧で創られたショベル形状を持ち、接点からノーズ先端まで長く緩やかに立ち上げる事で、非圧雪ではスムーズに雪面をとらえ、長く延びたコンタクトレングスが浮力と安定性をもたらします。圧雪斜面においては、ワイドボディのモデルをLONG-NOSE形状にする事でコンタクトレングスを短くし、操作性を上げ、足裏でエッジコンタクトを感じながら、切れのあるターンをも可能にします。
MASSIVEはテール側にもLONG-NOSE形状を採用しています。
ロングノーズ
Tip and Camber / ティップ キャンバー tt ft
Tip、Camberの形状。
TwinTip ( TT )
FlatTail ( FT )
ティップキャンバー
Construction / 構成
BLASTRACK全ラインナップにおいて、ナチュラルウッドの芯材を採用し、Shell Top(サンドウィッチ)構造を採用しています。
コンストラクション
Sole /ソール仕上 Edge / エッジ
BLASTRACK全ラインナップにおいて、クロスストラクチャー・セラミックディスクフィニッシュ仕様を採用しています。
「Ogasaka Factory」のレーシングスペックと同等の仕上げにより、ハイシーズンのパウダーはもちろん、スプリングスノーなどさまざまな雪質での滑走性能の向上が期待できます。
また、購入後特別なチューニングを必要とせずワキシングのみですぐに滑走できます。

Stainless steel Edge (ステンレスエッジ)
仕様により、錆びにくくメンテナンスが容易になります。
全モデルに採用。
ソールエッジ